ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

少し時事ネタ交えて昔話をします

最近の外洋を見渡してみて、ここしばらくは正直オレは「時代かのう…」なんて思うことが多かったんだが、なんか最近は少し愉快な事になりつつある。
一度は消えたはずのkpやらぞペーがひょっこり帰ってきて既成概念をブチ壊すフリーランニングを始めたり、シュラが代替わりしたドサクサで狂犬が放逐されてたり、他鯖行ってみたらE,B鯖の多国籍混成海賊艦隊がアジアで走り回ってたりと、少し前まではジャワ海少数民族みたいな扱いされてた海賊界に少し違う風が吹きつつあるように感じとります。

まぁkp、ぞぺーとか他ゲーからの一時帰還組は期間限定らしいけど、良い感じにクソ外道なアンチテーゼを発してる気がするので「いいぞもっとやれ」なんて内心じゃ思っとります(・∀・)

シュラに関しては他国の事なんで内情はサッパリわからんが、オレ個人の中ではエーテが抜けた時点でシュラっぽさは随分と薄れた気はしておりまして、狂犬が放り出されたって話を聞いた時には「天ぷら蕎麦なのに海老天がない!これじゃ野菜天ぷら蕎麦じゃないか」なんて思う一方で、良くも悪くも海賊商会が海賊商会としての自浄作用を失わない為の鉄の掟みたいな部分を持ってる唯一の集団だろうな。なんて感じた次第。
海賊商会ってのは一般的な商会と性質が異なりすぎるがゆえに、総じてそうそう長くは安泰に続かないもんなんです。
オレが昔、所属してた快賊一家という商会がありまして、全盛期は海賊だけで20人くらいいました。
俺が入った時は3人くらいだったけど他のイングの海賊商会と半ば兄妹商会みたいになってたので、総数じゃ相当な数がいた。
昨今の海賊ほど当時の海賊は協調性もなければ灰汁の強烈過ぎるメンツが揃ってただけに、内部で細かい揉め事は日常茶飯事でしてね。
ただ、海賊主体の商会の場合、基本的に加入を望む海賊は例外なく、そこの商会で頭張ってる海賊に何かしら惹かれて自ら門戸を叩くわけですよ。
だから海賊商会の場合、トップが引退したり抜けたりした瞬間から崩壊が始まる事が多い。
昔っから例外なく殆どの海賊商会がこのケースに当てはまる。オレが在籍してた快賊一家もオレが休止明けて戻ってみたらコルもいないし知ってるメンバーが大半居なくなってたんで「コルもアホのダイレクトもやままんもケンちゃんもいないんじゃ居る意味ねーな」ってのが抜けた理由だし。
多分ですが、狂犬グレイブの手綱…というか犬だとリードになると思うが、それを握ってたのはエーテなんでしょう。
それがいなくなって放し飼いみたいになった狂犬が本能の赴くままに行動した結果が追放って事なんだと思うけれど、これも他国のオレからは憶測でしかないんだけど、シュラも別にグレを「もうグレいらねーから出て行け」ではないと思うわけ。
決めたのが2代目なのか代行なのかは知らんけれど、おそらくはコミュニティとシュラが持つイデオロギー的なモノを天秤にかけた上で泣いて馬謖を斬ったのか、はたまた三方ならぬニ方一両損の裁きなのかはオレにはわからんけれど、多分こっちなんじゃないかなと。

正直、見事だなと思いましたよ。敵じゃなきゃ拍手すらしたかもしれん。

実はオレ、快賊一家時代にアレも長い商会なので内部で細かい揉め事なんかはあったのだけど、コルと話しながら当事者を「破門にしよう」と主張したことが2度ほどあります。
そしてオレ自身も一度コルに「抜けようと思うんだけど」と言ったこともある。抜ける理由はどうしてもブッ殺したい同国イングがいたからなんですが、それ聞いたコルが「なんかと思ったらなんやねんそれ、ほならみんなで行こうや」とカチコミ準備してる最中に相手から侘びが来て解決と言う拍子抜けな結末だったんですけどね。

ただ、共通してるのは誰か放り出すにしろ、自分が抜けるにしろ、どっちも集団の看板と言うかブランド的なイメージを守るという一点が共通しとる。

オレが天狼をショップ商会として作ったと公言してたり、海賊商会じゃなく海賊が作った商会だと言ってるのは、そういう面倒なイデオロギーとか海賊商会のイメージとかはもうお腹いっぱいだと言う思いがあってのことで、周囲がどう見てどう評価するかは各自の見方の自由なんで好きにすりゃいいと思ってるし、細かい決め事はほとんどなくて、唯一決まってるのは商会メンバーの敵は経緯要因関係なくオレの敵であるというくらい。

人数カツカツでやってる割に無作為な勧誘もせず、人選んで入れてるという事は、やはり何かしら守るべき基準的なモノが存在するんだろう。旧世代の海賊商会らしいなとは思いますが。

普通なら仲間から破門されたら少しは落ち込んでみたり凹んでみたりするのが一般の人間だと思うわけですが、そこは海賊なので敵味方の切り替えは早いよね。数日しないうちに双方殴り合ってるあたり。
そして誰一人グレにもシュラにも同情してないあたりは彼らが海賊たる証みたいなもんだ。


…まぁ実を言うと書けって言われたから書いてみた記事なんだけれど、所詮は内部を知らないオレの私感でしかないので、真相はもの凄く的外れだったりする可能性はありますがw

  1. 2014/05/08(木) 22:04:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<野望 | ホーム | 海域調査続編>>

コメント

数年ぶりに覗いてみたら・・・

アホは余計じゃ!
  1. 2014/06/17(火) 12:40:58 |
  2. URL |
  3. 一家の眠ったままG党4番 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diablas.blog98.fc2.com/tb.php/643-90d132e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する