ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

そして2連敗

例によって他鯖に遠征してました。
今までやった事の無い相手とできるというのが新鮮だったりするんで行くわけだけど、よくよく考えればEも人は入れ替わってるんで対戦歴が無い相手はたくさんいる事に気付きました。

マウス変えたままSS撮影ワンタッチ設定をし忘れてたんでSSはないんだが、昨日は二連敗。
初戦は名前ちょっと忘れたけどたぶん他鯖のイング海賊。
大火災で焼き討ち食らって白兵中に弾薬庫への引火で350くらい耐久が吹き飛び、そのまま壷で終了。かなりアッサリ。

その後も2人組みPKKとかオスマン色付きとかとやったけど勝敗つかず撤退。
PKKの方はBLなのかPモードなのか検索に一切かからんのですが、基本的にオレの場合、BLやPモードに関してはNPC扱いにしてくれという意思表示と解釈してるので特に記事も無し。
オスマン色付きの方は白兵迎撃に船尾回廊に装甲強化という、まさにリビルドを生かしきった新鋭艦を相手に水が切れるまで泥仕合を演じるも最後は恒例の水切れ撤退。

その後また他のサーバーに移動して、たまにはナポも乗ろうとナポで出航したら、かつての仲間であるバルが単騎で浮いてた。
師弟関係と言うほど何か教えたわけではないので弟子ではないのだが、親殺しの称号を欲しいというのは以前に聞いてたので、洋上に出てそのまま交戦。

やたら砲が痛いので撃ち合いよりは白兵主体にすることにした。白兵迎撃入ってないのは以前に知ったし。
普段あまり回避を入れないで攻撃特化の短期決戦を心がけてるのだが、砲が痛い原因は後になって判明する。
白兵は終始カード裏目を取られ続け完全劣勢。鐘効かず瀕死に陥ること何度か。
最大船員数的にちょっと厳しくなってきたが怯まず再白兵するも耐久がちょっと微妙。
壷拿捕コースな上に普通ならちょっと残りターン数的に突撃乱舞も届かない状況だったが、今まで散々鐘を妨害され続けたまま殴られ続けてるんで、ここでまた鐘連打で抜けれず燃やされ続けるのは釈然としない。壷連打上等である、全てイングヴェイ妨害に託して一方的に殴り続けたろというスイッチが入る。
まぁメンタル的なスイッチは別として、逆転の為の布石じゃないが3ターンくらいの余裕はあると見たんでアイテム連打がわかってる相手なら副官妨害の連発を期待しつつ、その間にギリギリまで船員削って少しでも船員差を縮める方に活路を見出そうと決死の突撃でラス1まで粘るが、ラス1抜けられずそのまま耐久拿捕で終了(´_ゝ`)

旧世代として世代交代を阻むためには、もう何度か弾き返すまで頑張る気ではあったのだが、とりあえず心境としては中嶋勝彦に負けた佐々木健介の心境である。
負けて嬉しい相手というのは今まで居なかったのだが、高校生の頃にオヤジに初めて腕相撲で勝った時の親父の満面の笑みの理由はわかった気がした。

しかしオレは健介とは違うのだ。







E4B889E4BA95E8ABA6E38281E381AEE682AAE38184E794B7.jpg





有終の美なんて高尚な理念は持ち合わせてない(´_ゝ`)
体動かなくなるまで現役やって最後は戦場で死ぬのが軍人である。

次はサクッと勝って新世代に向かって「若いのに鍛えてないのか( ̄д ̄ )y-~~」とか言い放つムカつく古参になったろうという野望はある。



しかしまぁ、ここ数日、他のサーバーの人ともやってて「おや?」と思うこととか、疑問になってたこととかあったのだが、戦闘後にバルと話しててなんとなく合点がいった。
多分、タイマンというものに対する認識の差というか、サーバーごとに培ってきた文化の差だろうな。

他所のサーバーのタイマン屋だと稀に帆船に乗ってる人がチラホラいる。
オレの中で帆船というのは、こと海賊とか外洋の対人屋の見地から見ると「負けないけど勝てない船」という認識なのだ。
模擬とか艦隊戦にしか使えない用途の限られた艦という認識なので、単純に「それ相手が撤退始めたら追えないんじゃないか?」という点で勝ち切れない船だと思ってる。
重量をつけるとか、その他の工夫で多少はカバーできるが、そもそもオレの場合は申し合わせの対人が少なく、洋上活動の中での遭遇戦が主になるので、加速でガレーに劣る帆船という選択肢が艦隊戦くらいしかない。
そんな疑問があったのだが、ここ数日の他鯖海賊との会話や色々と聞こえてくる話を総合するに、どうも他のサーバーのタイマンは基本的に撤退無し前提の元に成り立ってる。
Eなら例えば資材切れ、水切れという状況でライン抜ける事は日常茶飯事だろう。
そこに優勢か劣勢かという互いの中での勝敗は2人の間だけにあるが、形として決着がついては居ない。
オレの場合は、相手の資材や水が切れたと踏んだら抜けられる前に仕留めに行く動きをする。そこで抜けられたら「チッ、詰めが甘かったか」みたいな感じで勝手に納得するし、まぁライン割った時点で限りなく判定勝利みたいなもんなのだ。
ただ、相手が抜けないという前提だと確かに帆船で迎撃つけて装甲ガチガチの副官増量商船なんて選択肢が戦術として成立するなと。そもそも造船のコンセプトからして変わって来る。
こればかりはどれが良い悪いとか正否の問題じゃなく、そこに至るまでに各サーバーで積み重ねられてきた文化とか思想の違いだろう。

互いに申し合わせて勝敗つけようって勝負なら有りだが、オレの中でそれはタイマンというよりは試合である。


とりあえずここ数日の戦闘から得たデータを踏まえて、まずは増量の副官船を作ろうかなと。
あと白兵迎撃に対抗する手段として少し構想があるので、試作艦を作ってみたいなと。

まぁ金策しないと船作る金もねーけど
  1. 2014/02/14(金) 21:55:06|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<海賊論なんてテーマでまだ炎上するんだからこのゲームも捨てたもんじゃない | ホーム | 白兵が単純なジャンケンだなんてのは頭でっかちの考えた机上の理屈さ(´_ゝ`)y-~~>>

コメント

構想みました。
あとは素材船を何にするかですね。
  1. 2014/02/23(日) 03:08:19 |
  2. URL |
  3. 昂造船 #-
  4. [ 編集]

> 昂氏

とりあえずメール送っておきますた(´_ゝ`)

>バルナバ氏

Bだと模擬屋が崩れて海賊になるんすかね?
Eの場合は大半のケースが海賊が崩れてんだか上がってんだかわからんけど、模擬に移行するのが殆どだけど。

>lokさん

外洋は戦場だとオレは思ってるので、副官が戦闘できない船って選択肢は無いかな。
タイマンでオレが副官呼ばない理由は単純に呼んだ時点でタイマンじゃなく変則艦隊戦になるからってのと、1vs1で副官いると勝手に機雷撒いたり進路妨害して邪魔だからw
相手一人でも呼ぶときゃ呼びますけどね。
甲板対策だったり諸々の事情が絡む場合とか色々あるけど要するにタイマンが成立しないと見た相手とか。
  1. 2014/02/17(月) 22:03:58 |
  2. URL |
  3. ディア #-
  4. [ 編集]

青ネになったり白に戻ったりあんま安定してないですがボチボチ勝てるようになりました。

他鯖海賊は帆船の人も結構いますね、
あと・・・これはEもだけど副官が戦闘艦以外の人もたまにいますが
こっち呼んだらどうするの?って思うですが・・・。
そういいつつ呼ぶ私。
迎撃対策はいくつか私も試作してます・・・中にはセコイといわれそうな手もありますがw



(  ゚,_ゝ゚)今の課題は甲板す。
  1. 2014/02/16(日) 19:45:04 |
  2. URL |
  3. lok #X.Av9vec
  4. [ 編集]

Bもかつてはリングアウトも戦術の1つだったんですがね(´ω`)
何時の頃やら模擬屋崩れが外洋を賑わすようになって様変わり、ですよ.

外洋の衰退、模擬の隆盛ってとこも少なからず影響してんのかもです
  1. 2014/02/16(日) 16:31:52 |
  2. URL |
  3. バルナバ #fXI9rwko
  4. [ 編集]

構想はメールで教えてください。
ものすごく興味ある。
  1. 2014/02/16(日) 02:17:11 |
  2. URL |
  3. 昂造船 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diablas.blog98.fc2.com/tb.php/611-a21d4126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する