ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

インド経由で帰還

アジア圏が安全化してたんでインドまで漕いで向かったわけ。
さすがに昔の全盛期ほどじゃないにしても、今でも人は多少いそうな気はしたし、聞けば南蛮交易でインド往復する航路があるとか無いとか聞いたしね。
まぁ調子乗って襲いすぎると銀行使えなくなるが、身の危険を感じるほどのライバルもあの海には来ないだろうし。

しかし、向かった時間が遅かったせいでホントに数人しかおらんかった(´_ゝ`)
なんか戦列の海事クンが単騎で仕掛けてきたんで拿捕ったくらいで他に収穫なし。

手持ち無沙汰でカリカ前を徘徊してたら同じイングでレイジーかな?コウも一緒に見かけた。
二人して暇してても仕方ないんで寝ようとしたら、コウからタイマンしたいと申し出を受けたんで2戦ほど。

重ガレアス相手なんで砲撃主体で2戦とも砲撃撃沈勝ち。
なんか夜中のタイマンにギャラリーもいたりして、勝利後にそのままギャラリーにも襲い掛かるみたいなw

やっぱ人いないんでそのまま漕いでケープ迂回してロンドンまで帰還。
今の時代でもやっぱり漕ぎスキルにはロマンを感じてしまうんで自走で漕げる機会は漕いでしまうな。
言うほど高くもねーけど。

しかしまぁ、一年も早いのう。
去年の今頃はなにしてたんだっけか?と思い返して過去の記事なんぞを読み返してたが、ちょうど一年前はオレがソロ戻ってエルオリのアップ直後で、PKも一気に減って、イングなんかほとんど海賊壊滅に近くて、オレもいかにも先を見据えたかのように「今後はもうタイマン機会も減るんだろうし」とか言っちゃってた頃だなw

当時まさか2010年だけで120戦近くもするとは思わなんだがw
アップ前に休止から戻って応用剣術とか上げてたんだっけな。

一年経てば世界は変わるもんである。


実は北米実装して人が賑わえば今のアジア集中状態も少しまぶされてカリブとか熱くなるんかな?とか期待してはいるが、まぁ過度な期待はしないでおこう。

ホイホイあたりは北米に商会で風俗街を作るとか妄想してるが、確実にそんな仕様は導入されねーから期待はすんな(´_ゝ`)y-~~
  1. 2010/12/25(土) 01:02:15|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<オレはギリギリまで仕事だよ! | ホーム | ホロが根城>>

コメント

>やしち

オレなにかされたっけ?( ̄-  ̄ ) ハテ?

とりあえず逃走使用中に横キャノンで沈めた記憶しかないw

>ぽらお


平日の深夜模擬とか企画するといいよ!そしたらオレも出れるw

…オレしか出ないかも知れんけどw
  1. 2010/12/28(火) 20:42:11 |
  2. URL |
  3. ディア #-
  4. [ 編集]

俺が日曜日仕事で出れてないだけだったっていうね
  1. 2010/12/27(月) 12:17:53 |
  2. URL |
  3. ぽらお #-
  4. [ 編集]

あんだけナメた事したのにネタにされなかったw
  1. 2010/12/27(月) 09:24:33 |
  2. URL |
  3. やしち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>ぽらお

ロンドンMAX模擬あるときとかはなるべく出るようにしてるんだけどな。
  1. 2010/12/26(日) 23:49:09 |
  2. URL |
  3. ディア #-
  4. [ 編集]

>ホイホイあたりは北米に商会で風俗街を作るとか妄想してるが

私のアパルタメントのパフパフ部屋を開放する時がきたようだな
  1. 2010/12/26(日) 16:20:44 |
  2. URL |
  3. りこ #-
  4. [ 編集]

あれー今朝コメ書いたのに反映されてないなぁ

そうそう、前記事みたけどどうせ模擬するならたまには一緒に遊ぼうぜっていう話だとおもう
  1. 2010/12/25(土) 06:19:46 |
  2. URL |
  3. ぽらお #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diablas.blog98.fc2.com/tb.php/428-6317960e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する