ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

ニュータイプ専用機

なんだか死の商人のような人から突然声をかけられ「この新型艦を授けよう」みたいな感じで船を貰いましてね…

今の流行りのマルタガレーって船ですが、なんかスペックが色々とんでもない。
18回強化って意味わからん。

なんか今まで旧ザク乗ってた奴が突然ガンダムを渡されたような感じである(´_ゝ`)

とりあえずそんなオーバースペックの船体を試乗しながらラスパに来て2戦ほど戦い2連勝。
ただ、この勝ちは船の性能というよりも至近距離の旋回戦からのラッシュなので、船なんでも良かったんじゃないかという気はするが、水密隔壁というのは、なかなか便利ではあるなと。


ただ、まぁ新しい船体なのでまだ乗り慣れてないというか、スカしてカウンター狙うつもりが予想外の白兵に入ったり、サイズ的な習熟が必要ではある。

人物装備の強化しなきゃ的な事も言われたので、地道に材料集めてやってたりします。
ただ、世の流行を知らないのでオレの主観でよくわからないものを強化してます。機雷ブーストの杖とかw

機雷は実は副官込みで13にしてる。
愚者もつけず、あえて機雷ブーストのアイアングローブ?みたいなのをつけてるので、今度はこのグローブを強化しよう。

防御無視して機雷をブーストしてるのは、今の船は装甲が硬いので、混成ウチの俺のバラ打ちだと耐久削りができないし、機雷は装甲値関係なくダメージ出て耐久も削るから、ボディブローのように効いてくるかなーと。
13あれば250出るときもあるし、砲も絡めてコンボ入れればそこそこ削れるし、除去でも入れてくれれば火力か速度で優位になるし、至近戦メインで行くと決めてからは、こういう地味な搦め手も入れていこうかなーと。

しかしオレ知らなかったけど、水密って破壊工作の大浸水も防ぐんだな。初めて知ったよ。
オレ今まであんまり船のスキルとか気にしなかったというか、漕ぎ補助以外はいらねーよ、くらいのつもりで戦ってたんだけど、まぁ「今まで」とか言いながら、軽く数年前の話なので、今時に漕ぎ補助と耐砲撃だけのナポで戦おうとか周囲から見ればマジメにやれとか思われてたんかね?頼山陽いわく「今はスキル3つ入れるのが当たり前」だそうだし。
まぁ造船の仕様変わってスキルは別で付与できるようになったからかな?
あんまそのへん詳しく知らんロートルである(´_ゝ`)

ちなみに模擬ラー必須の機雷除去もオレは不要派。
模擬なら入れてないと周囲の顰蹙を買うので入れるけど、使う機会はあまりない。

タイマンに限れば、そもそもオレは機雷は目で見るんじゃなく「感じる」派なので、オレのデビルアイで何となく感知できてる気でいる。

まぁランダムにバラ撒かれると面倒だが、散発で撒かれてる機雷なんぞ大した脅威じゃないし。


とりあえず、せっかく期待してもらった船なので、しばらくはレポート上げられる程度に戦闘実績を積もうと思います。


  1. 2017/09/28(木) 20:50:37|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

勝ったり負けたり

連敗は6で止まりまして、その後は勝ったり負けたりしとります。

とりあえず数年ぶりに実戦に復帰して戦ってみた感想。


・船が早い

復帰当初、まぁいきなり数年ぶりに戦線復帰したら負けもあるだろうとは思ってたのだけど、ちょっと解せなかった。
というのは、負けるパターン大半がクリ死なんだな。
まぁ一か八かの旋回狙われたのとかは別として、過去の負けで多かったのは圧倒的に白兵絡みが多くて、クリ死は至近距離の相撲気味なのとかはあれど、中距離旋回戦的な被クリに関しては以前はほとんど対応できてたのだ。
まぁオレの言う「以前」は軽く年単位なのでアテにならんけども(´_ゝ`)

昔なら相手の舵見てからの対応でも処理できてた距離が、ことごとく入る。
並走からの船尾回りなんか以前なら入らない距離が今だと危険レンジになってる。
まぁ旋回値もそうだけど、漕ぎ錬成の影響が大だろうなー、この辺は。

漕ぎ錬成と言えば以前は絶妙な立ち回りで船尾に回って完全に獲ったと思った一撃が、今は撃つころには射程の外だったりすることが多くなって、クリ入るには入ったがダメ全然でない距離とか。

まぁ復帰数戦でオレの脳内の距離感や速度感は完全に旧時代認識なんだと判断し、途中からは近距離殴り合いに活路を見出す方向に転換。
白兵は今のところ完全に捨ててるので、煙玉頼りである。
ただ、こっちの白兵が弱いと見れば相手も近距離で戦うだろうし、近距離戦に転換してから幾つか勝つには勝った。
拿捕負けもあったけど、この辺は割り切ろう。




・船固い

まぁ装甲値が軽く従来のドーファン超える勢いだしな。
艦隊戦でガレーがネタじゃなくなってきた気はする。
まぁG0縛りの模擬だと大して影響ないだろうけど。

基本、砲撃にしかオレの攻撃手段が無いので、船が硬くなると色々と困る。

なので、長らくタイマンではカロ主体だったスタイルをキャノンにウエイト移した。
まぁ昔から混ぜてはいたけど、当時のキャノンなんて副砲扱いと言うか、手数出すためのバラ撃ち砲でしかなかったからな、オレの場合。

以前の中距離カロでのフェイント撃ちとか、漕ぎ錬成以降は新しい形を編み出さんと通用しない気もするし、そもそもその中距離フェイントもボグメやkpほどに練達の域だったワケでもないので、もうカロの時代は終わったんだと割り切ることにした。
今後は近距離の動きと立ち回りを探すかな。ムーンウォーク撃ちとかww


まぁ、とりあえず何かしら結論を自分の中で出すまでは現代使用タイマンしとると思います。
船の新造は考えてるけど、金稼がないと始まらないし、昔みたいに海賊稼業で稼げる時代でもとっくになくなってるので、地道に南蛮します。

そういう意味では昔の拿捕収奪有りの時代はロマンあったなー。
というか、基本金欠海賊のオレにとって、100愚者も100ブーツも100槍も全部タイマンでの戦利品で手に入れてたからな( ̄д ̄ )y-~~

…まぁ逆に何度も取られてはいるんだけど。
100ブーツなんか軽く二桁は獲られた気がするな。思い出したくも無い暗黒の記憶だ(´_ゝ`)

でも何度負けても破産の心配ないのは気楽ではある。
今思えば賞金30M越えでもタイマン繰り返してたあの時代の俺に言ってやりたい。

「ちょっと落ち着けオマエ」と( ´ _ゝ`)


  1. 2017/09/24(日) 22:29:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

近代ヤクザの事務所にドス一本で殴り込んだ結果

タカシゲに負けベジータ王子に4連敗しハチの巣になったディアでおま( ゚Д゚)ノ

おそらく記憶にある限り、オレの過去の戦闘履歴において5連敗と言うのは無い気がするが、まぁ衰えてた分、一戦ごとに何かしら取り戻してる気がしなくもない。
まぁ気のせいという可能性も濃厚ではあるが。

これが、白兵で押し負けたとかなら装備や船スキルの差だみたいな事にできたりするんだが、5戦ともクリ死である以上、そもそも操船というか操船感覚と言うか、ようするに腕の方に原因があるので言い訳もできない(´_ゝ`)

ただ、昔みたいに先手でオラオラできないで、終始後手気味なのは、聞き感知センサーの感度の鈍りだろうな。
基本、今の状態は相手の動きを見てそれに反応して動いてるので、そりゃそうなる。

昔はまぁ、勝敗の結果よりもプロセスとスタイルの貫徹とロマンを重視してたけども、今とりあえず勝ちが一つ欲しいとこだな。
一つ勝てばとりあえずロートルのジジイは満足できるのです。

でも、現役とやってみて感じたのは、最近のタイマン屋は何でもやるしなんでもできるんだな。
船のスキル構成とかも隙が無い。なんでも対応しますみたいなユーティリティ性がある。
もう漕ぎ補助と耐砲撃しかつけてないナポとか「それ失敗作?」とか言われちゃうレベルですらある。
オレの中では渾身のオレ専用機のつもりだったんだが。
いや、だったというか今もそう思ってるけど。

まぁ、多分、船に敗因は無い。
ベジータには白兵迎撃スキルを勧められたが、オレの中では錬度下げて後攻じゃないと発動しないという時点で論外である。
オレの艦のクルーは基本的に精鋭しか乗せん( ̄д ̄ )y-~~
鍛錬の足りん海兵なんぞ船から蹴り落してサメのエサである。

…まぁ実は昔一度だけつけた事あんだけど、あまりに白兵つまらないから外しただけなんだけどね(´_ゝ`)

まぁ負けまくってるし、ジェネレーションギャップに驚いたり「なんじゃその白兵数値わ!」なんて仰天する事もあるんだけども、総じてなんだかんだ戦場に立ててるだけで一応満足してはいる。

まぁ金が無いと話にならないという厳しい現実も直視しながら、南蛮せっせとやりつつ。とりあえず自分の中で何かしらの納得ができるまでは戦ってるとは思います。


[近代ヤクザの事務所にドス一本で殴り込んだ結果]の続きを読む
  1. 2017/09/18(月) 20:33:41|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

戦ってみた

とりあえず砲撃錬成終わりました。

まぁ水平16とか貫通16にはしてないんですけどね。

思えば去年の夏くらいに久しぶりにインして漕ぎの錬成をしながら海域調査をするみたいな事を始めてから1年以上か。

とりあえず漕ぎも錬成10で砲撃錬成も終わったので、最低限戦える程度にはなったし、リハビリ兼ねて試しに大砲でも撃ち合いたいなーとか思ったわけ。

でも、なんかカスタム造船とかで限界超えて強化できるとかで、今の船じゃ戦えんという話を聞き、とりあえずよくわからんのでドックにあって使い道すら思い出せないオスガレを試しに強化してみた。
他にナポが4隻くらいあるが、もうどれがどれだったかも用途も思い出せん。

よくわからないまま、軽く2Gほど吹き飛んだところでカネが無くなり、とりあえずなんとなく限界強化の感覚は掴んだ。

カンツに聞いたら1から作り直した方が良い的な話だったけど、そんな金ないので当面は今ある船をテキトーに強化してなんとかしよう。

大砲も18門キャノンとか出たらしいってのは以前聞いてたけど、作るのも面倒だし改良カロでいいや。


久しぶりにラスパ行ったら色々な人がおりました。

とりあえず洋上に出てかーぼの方にでも向かって見るかなーと南下。
モニターから目を離してタバコに火をつけてから画面を見たら、なんか青い名前が通り過ぎてったような?

アレイル?カールの心の師匠か。

ウッカリ通り過ぎてしまったが、戻ればまだ会えるかな?とUターンしたら正面から戻ってきた。
しかしブランク長すぎて交戦ボタン押すのにも「どれだっけ?」な状態。

実戦久しぶりだなー。最初どう動いてたっけ?なんて思いつつカスタムスロット開いて、以前模擬に出た時の仕様のままなのに気付き、慌ててポチポチ入れ替える。

漕ぎ錬成したせいか、以前より動きでどうにもならんくらいの差は無くて、一応それなりに駆け引きできる程度のレベルにはなってた。
向こうは直阻止張ってたので、「あぁ、そういえばこの人ラムだっけ」と思い出す。
白兵装備に自信がないので、重装2基搭載されてる相手よりはまだなんとかなるかな?と楽観してたが、それでも白兵は普通に負ける。

バリア張って漕いでるうちは火力も怖くないなーとか楽観してたが、そもそもオレは昔からノーガードのオフェンス特化スタイルなので、なんぼ砲スキル絞られてもキャノンのフルファイア食らうと普通に痛い。
ラム絡められると普通にコンボ死もあるが、そもそもラム対策なんか思い出せないので全部食らった上で殴り勝てばいいと開き直る。

バリア張って平押しされたら詰んでた気もするけど、距離が詰まってるとバリア外れるときもあるっぽいので、至近距離で頭差し込んで狙うか、押し込んで回してケツ狙うか、なんとなく手詰まり感の中で最後は抑え込みつつ斜め気味に差し込んでクリが決まる。

勝つには勝ったが正直、狙い通りとは行かず、おぼつかない足取りでなんとなく狙って偶然にも助けられたというか、半分は運だな。

一戦で耐久400以上削れてたが、そもそも昔から相手の技全部ノーガードで受けたうえでカラータイマー鳴る前に一撃必殺狙いのオフェンス重視は変わらんので毎度のことではある。
プロレスラーはよけたら負けである(´_ゝ`)

毎晩のように戦ってたのは軽く3~4年以上前なので、当時は勝って当たり前的というか、特に勝とうが負けようが何とも思わなかった日常だったが、久しぶりに戦って勝てたのはやはり嬉しいもんだ。
街中にいると色々声かかりそうなので小休止かねて一人酒場で隠れて戦闘経緯を肴に祝杯に浸りつつ、気分良くなってアピコメをいじる。


「喧嘩買います」



軽く数年ブランクある復帰組のくせに、我ながらなかなか傾いたジジイである。

程なくマドラ・モイライと名乗る人から声がかかる。


将官用レアルってのは、少し前まで主力艦だったのかな?オレ乗ったことないけど。

まぁ今のオレは船がどうこう言えるレベル以前の問題なので特に気にしない。

いざ戦闘始まってみたら、とにかく硬い。
いや、アレイル戦の時も自分が思うより火力が出ないなーとは思ってたけど。

弾薬200以上積んでたので、いきなり仕込みで780とか叩き出され焦る。
さすがに積み過ぎたか?とはいえ、オレの場合は昔から手数で押すタイプなので弾薬100程度じゃすぐに弾が切れる。
なのでこのあたりはもう諦めるしかない。

しかしまぁ手数で押そうにも硬すぎて水鉄砲である。
バラ撃ち多様のオレのスタイルじゃもう通用しないのか?と斉射してみるも、全然削れず。
フェイントやターンでクリ一本釣りを狙うが、距離感と速度感覚にズレがありすぎて、単なる挙動不審の船みたいになる。
それでも何度か入るもMAXで1200程度。昔なら決まってた距離とタイミングでも余裕で残る。

横で押せない。クリも一撃じゃ決まらない。混白狙いも司令塔でガードされ、仕方ないので至近距離で0距離クリ狙いしかないけれど、なんせオレは人物装備の防御が紙なので白兵絡めるのも結構しんどい。
最後は狙いすぎて回り過ぎた所に顔面貰って死亡。

ただ、あれもダメ、これも効かないみたいな中で、とりあえず手持ちの手札は全部出してやり切った感はある。
活路を見出すための相撲も、そもそも以前なら相撲は苦手ではないというか、むしろこれが会得できないと砲撃スタイルは勝ち筋が限定されるので、むしろやれてる自覚は当時はあったけど、冷静に思い返してみれば、相撲で勝ったことは多々あれど、負けるパターンも大半これだったりする気はするので、リスク度外視で根拠のない賭けに出てただけな気もする。


2戦とも、終始手詰まり感はありつつも、単純に久しぶりの戦闘なので普通に楽しめた。
頭で思ってた事は全盛期当時の半分もできてない気はするが、オレの場合元々が理詰めで戦術を考えるよりもフィーリングと思い切りと開き直りというか、精神論的な部分で戦ってた気はするので、実は戦い始めれば意外とブランクなんか短期間で戻るのかもしれない。

そもそも理屈で考えたら18門キャノン相手に回避も連弾も無しで横でスタンディング殴り合いしてる奴はタダの狂人である(´_ゝ‘)

  1. 2017/09/12(火) 13:21:11|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

砲撃錬成ね

やってますよ。一応。

でもね…

なんですか?何か知らん間にメッチャ硬いガレーが出てきたそうで、というか船のシステムも変わったそうで?

…砲撃とかもう意味あるんかね?
開幕早々スクラム組んで錬金装備で殴り合うのが主流になりそうで激しくモチベーションがダウンしております。

課金アイテムはKOEIを増長させさらにゲーム寿命を縮める気がしてるのでオレはノータッチという主義ですが、とりあえずインしたのは古い名前とかをチラホラと見かけるからです。

あとは引退するにしても、せめて一度くらいは現役世代と同じ土俵に立てるくらい最低限の修業をしてから戦場で散りたいという、死にたがり軍人の性みたいな意地でしょうか?

「昔はよかったなー」とか「今の若い連中は恵まれてるぜ」とか「俺らの頃はもっと何も無い厳しい時代をだな…」みたいな昔話をしながら、余生を過ごす退役軍人みたいに過ごすよりもだ…

ちょっと休止してる間に誰か知らんが武勇伝や話を盛りまくり、たまにインすりゃレジェンド云々とか神輿みたいな扱いされるよりもだ…

タイトルマッチじゃなくてもいいし、エキシビションでも、なんなら場末の賭けボクシングでいいからリングに上がってるジジイでいたいのだ。
ロッキーファイナルのスタローンの心境ですよ。

海賊の生態も今と昔じゃ違うみたいだけどさ。

拳銃や重火器備えた近代ヤクザの事務所にドス一本でドア蹴破るジジイは酔狂でしかないけれど、「あの人あれでも昔は~」みたいに言われるよりは、ハチの巣にされて大往生でも「一体何なんだこの狂ったオヤジは」と言わせたら勝ちみたいな?


とはいえ、修行終えても船作る金も無けりゃ新しい仕様にもサッパリなんで、同じ土俵に上がれるかすら怪しいが、まぁレーダー完備ミサイル装備のイージス艦に夜陰に紛れてレーダーに感知されない木造帆船で風下から切り上がって接舷斬り込みかませたら、それはそれで面白いじゃないか。

まぁ砲撃錬成は飽きるので毎日1時間とか2時間くらいやってます。
今13くらいですかね。折り返し地点は過ぎた感じです。

白兵は捨てます。そもそも錬金装備なんてマトモにやってたらいつまでたっても戦場に戻れないので。
現役時代は総合格闘家というかプロレスラースタイルだったが、この際もう立ち技オンリーでいったろかと。

  1. 2017/09/06(水) 23:33:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する