ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CLとやらに出てました

模擬大会なんて数年前にアリタブが開催してたESL以来である。

模擬なんかマトモに連日やってたのは、それこそまだ旧エウロス鯖でSRどころかFS造船すら無い時代の底耐久470くらいの戦列艦でリス模擬出てた時代くらいで、それも「外洋戦にフィードバックできる安価な練習場」として模擬してただけで。
底耐久で14門3基という火力過多なバランスで当たれば死ぬという状態でも回避操船の練習にはなる程度の認識だったな。

その後はたまに大会あると艦隊誘われるとか、身内から助っ人頼まれたり、たまーに気晴らしでオポルトの野良列に並んでみたり程度で、主戦場は外洋ガチンコで生きて来てました。


元の始まりは、よつばのメンバー足りないからキャスとオレがとりあえず呼ばれただけで、外周ぶっぱスタイルで息抜き程度にやってたわけです。

回避?

当たらなけりゃどうという事はない!くらいにテキトーに遊んでました。

勝ち負け気にするような艦隊じゃなかったし気楽なもんです。

ただ、そんな艦隊もメンバーが出たり入ったりで強力なメンバーも入ったりで、気付けばPリーグとやらに入るほどだそうです。

どんな勝負もそうですが、勝ちに行くなら捨てるべきものがあります。
10努力してる相手に勝つなら最低限、11の努力をしなきゃいけません。

なので勝つための努力ができる艦隊メンバーを揃えれば勝てるわけです。

ただ、12の努力をしてる艦隊には負けます。

CLの結果はPリーグで5位だそうです。

2週間ほど毎晩練習をしてて、それはそれで得るものはあったし面白かったが、少なくともオレは模擬ラーではないので模擬に10の努力すらする気がありません。

なので今後はしばらくオポ模擬は出ないでしょう。
長年ライフワークだったタイマンの為なら漕ぎ錬成の苦行でも平気なんだけどな。


よつばの艦隊は面白いんですけどね。たまに瞬間湯沸かし器になるベリーを眺めてるのも含めて。
ただ、あの艦隊はもう次のステージに進むべき艦隊でしょうな。
目的意識を共有できる5人でモチベーションを保ちつつ艦隊連携を磨く段階なんでしょう。



チワワ模擬はね、面白いんですよ。
現在の仕様に限りなく近いし、実戦的で外洋戦や海戦でも生きる技術だし。

ある模擬ラーが「今の模擬は歌舞伎や能と同じ古典芸能だ」と言ってたのを聞いて、まさに言い得て妙だと思いました。
リスボン沖でしか使わない大砲や装備、戦術で成り立ってますが、まぁ休止期間あったオレにはなんとも分からん部分あるけど、
軽く3~4年前から進化を諦め現状を守る事で存続を図ってきたのだろう。

まぁ個人的な私見ですが、模擬が今後数年後を見据えて存続をしたいと思うなら、仮に一時的に人が減ろうが錬成や船の制限は現在の仕様に合わせた方が良いと思いますけどね。少なくとも現状だと新規の軍人はまず増えないだろうし。

まぁ模擬ラーじゃないオレがとやかく言う事ではないので、模擬ラーが決めていくんでしょうけど。


今じゃ外洋実戦の5-5なんて見かけないけど、昔から仕様に振り回されるのが当然だった海賊のオレなんかはそう思うわけです。


…でも、せっかくなんでしばらくは「オレ元Pリーガーなんだぜ」くらいのドヤ顔はしてみようと思います(´_ゝ‘)
スポンサーサイト
  1. 2017/01/31(火) 23:11:22|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっと

011317 201456


8月末に復帰決めてから長かったなー。当時12から約半年でやっと錬成到達。
やっと終わったというよりは、ここから始まるというか。

始めた当初は海域調査しながら漕ぐという手法を考案したが、全ての海域を網羅しても12が13になっただけという有様。
仕方なくフィリで冒険しながら漕ぐも、上陸地点にいる時間やクエ引いてる時間が地味に無駄なので、今度は南蛮しながら金策も兼ねて漕ぐというスタイルに移行。
このゲーム始めて足掛け10年、初めて1Gという大金を所有するに至り、金庫に金が入らなくなる状態に軽く感動。

しかし漕ぎは13が14になっただけ。

こうなったら最後の手段と、ハワイとホバートの間を委任航行しながら漕ぐ。
今のオスガレだと帆を外しておいても30分弱で到着するが、一応画面を片隅に入れつつ裏でオンライン麻雀をやると半荘で大体30分くらいなので丁度いい。

一応は漕ぎ上げ中も応戦用に武装はしてたが、ガッツリ殴り合えるほどの資材は積んでないので、あくまで応戦用。
でも漕ぎ上げ中に襲撃されたのってほとんどなかったかな。一度ボストン近くでネデ色ネに襲われたくらいか。

1日3時間くらいペースで地道にやってりゃ年内には終わるだろうと思ってたが、ちょくちょく寄り道して遊んでたせいか年が明けた。


今度は砲撃錬成もしなきゃだが、漕ぎ錬成できてりゃ砲撃なんか苦も無く終わりそうな気はするな。

とりあえず錬成した漕ぎは最低10までは上げておきたい。

白兵の錬成はどうかな、多分しないだろうな。

そもそも漕ぎ上げ始めたのも昔ライフワークにしてたタイマンへの復帰の為ではあるんだが、昔と今じゃ既にタイマン自体が似て非なるモノに変化してるので、無理に時代に適合するよりも、どうせ老兵だし、いっそのこと時代遅れ海賊らしく旧E鯖イズムとでもいうか特化スタイルを踏襲し続けたろかと。

そもそもこのゲームのタイマンは勝ちに徹してこだわると飽きるの速いが、勝ち方にこだわり始めると何年でも続くという長年の殴り合いの末にたどり着いた悟りの末にオレのノーガードスタイルとか自称デンプシーロールは生まれたはずなので、結局はそうそう人は変わらんもんだ。

まぁ必死で編み出した職人芸をKOEIの仕様変更で片っ端から潰されたアンチテーゼとして、あえて今流行りの白兵数値盛り合いに逆行したろかと。

…と、ここまでそれっぽい理屈捏ねとけば鍛錬具集められない口実にも白兵錬成サボる言い訳にもなるだろ( ̄д ̄ )y-~~
とはいえ錬金は地道に材料集めてコツコツやってっから、そのうち見劣りしない防御値にはなりそうだが。


船も新造しないとなー。

いやぁほら?金ならいくらでもあるからな!


…いやぁ、一度でいいから言ってみたかったセリフである( ̄д ̄ )y-~~

まぁ1G程度でドヤってたら世の名誉市長あたりから鼻で笑われそうだが。


何度か作って満足いく出来になるまで試作できそうではあるけれど、とはいえもともとオレの場合、船のスペックにそこまで細かいコダワリはないというか「要は乗り手の問題だぜ」と自己完結してるので、耐久チビろうが旋回失敗しようが構わず乗ってしまってたので作り直す事も無く終わりそうではある。

…そもそもローズウッドで耐久1000のロワ作ってタイマンしてた奴が今さら細かいスペック気にしてたら単なるギャグでしかない。

と、漕ぎ錬成到達して気分良くなったノリで色々と構想を語ったが、実はまだ修行中の身である(´_ゝ`)

いや、たまにこういう事書いてモチベーションあげないと続かないのさ。

とりあえずまだ錬成5の漕ぎを10にする所から始めよう。

  1. 2017/01/16(月) 15:25:28|
  2. 修行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。