ディアブラス航海記録 殴り屋屯所

エウロスサーバーのイングランド海賊ディアブラスの戯言航海記録

近代ヤクザの事務所にドス一本で殴り込んだ結果

タカシゲに負けベジータ王子に4連敗しハチの巣になったディアでおま( ゚Д゚)ノ

おそらく記憶にある限り、オレの過去の戦闘履歴において5連敗と言うのは無い気がするが、まぁ衰えてた分、一戦ごとに何かしら取り戻してる気がしなくもない。
まぁ気のせいという可能性も濃厚ではあるが。

これが、白兵で押し負けたとかなら装備や船スキルの差だみたいな事にできたりするんだが、5戦ともクリ死である以上、そもそも操船というか操船感覚と言うか、ようするに腕の方に原因があるので言い訳もできない(´_ゝ`)

ただ、昔みたいに先手でオラオラできないで、終始後手気味なのは、聞き感知センサーの感度の鈍りだろうな。
基本、今の状態は相手の動きを見てそれに反応して動いてるので、そりゃそうなる。

昔はまぁ、勝敗の結果よりもプロセスとスタイルの貫徹とロマンを重視してたけども、今とりあえず勝ちが一つ欲しいとこだな。
一つ勝てばとりあえずロートルのジジイは満足できるのです。

でも、現役とやってみて感じたのは、最近のタイマン屋は何でもやるしなんでもできるんだな。
船のスキル構成とかも隙が無い。なんでも対応しますみたいなユーティリティ性がある。
もう漕ぎ補助と耐砲撃しかつけてないナポとか「それ失敗作?」とか言われちゃうレベルですらある。
オレの中では渾身のオレ専用機のつもりだったんだが。
いや、だったというか今もそう思ってるけど。

まぁ、多分、船に敗因は無い。
ベジータには白兵迎撃スキルを勧められたが、オレの中では錬度下げて後攻じゃないと発動しないという時点で論外である。
オレの艦のクルーは基本的に精鋭しか乗せん( ̄д ̄ )y-~~
鍛錬の足りん海兵なんぞ船から蹴り落してサメのエサである。

…まぁ実は昔一度だけつけた事あんだけど、あまりに白兵つまらないから外しただけなんだけどね(´_ゝ`)

まぁ負けまくってるし、ジェネレーションギャップに驚いたり「なんじゃその白兵数値わ!」なんて仰天する事もあるんだけども、総じてなんだかんだ戦場に立ててるだけで一応満足してはいる。

まぁ金が無いと話にならないという厳しい現実も直視しながら、南蛮せっせとやりつつ。とりあえず自分の中で何かしらの納得ができるまでは戦ってるとは思います。


[近代ヤクザの事務所にドス一本で殴り込んだ結果]の続きを読む
  1. 2017/09/18(月) 20:33:41|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

戦ってみた

とりあえず砲撃錬成終わりました。

まぁ水平16とか貫通16にはしてないんですけどね。

思えば去年の夏くらいに久しぶりにインして漕ぎの錬成をしながら海域調査をするみたいな事を始めてから1年以上か。

とりあえず漕ぎも錬成10で砲撃錬成も終わったので、最低限戦える程度にはなったし、リハビリ兼ねて試しに大砲でも撃ち合いたいなーとか思ったわけ。

でも、なんかカスタム造船とかで限界超えて強化できるとかで、今の船じゃ戦えんという話を聞き、とりあえずよくわからんのでドックにあって使い道すら思い出せないオスガレを試しに強化してみた。
他にナポが4隻くらいあるが、もうどれがどれだったかも用途も思い出せん。

よくわからないまま、軽く2Gほど吹き飛んだところでカネが無くなり、とりあえずなんとなく限界強化の感覚は掴んだ。

カンツに聞いたら1から作り直した方が良い的な話だったけど、そんな金ないので当面は今ある船をテキトーに強化してなんとかしよう。

大砲も18門キャノンとか出たらしいってのは以前聞いてたけど、作るのも面倒だし改良カロでいいや。


久しぶりにラスパ行ったら色々な人がおりました。

とりあえず洋上に出てかーぼの方にでも向かって見るかなーと南下。
モニターから目を離してタバコに火をつけてから画面を見たら、なんか青い名前が通り過ぎてったような?

アレイル?カールの心の師匠か。

ウッカリ通り過ぎてしまったが、戻ればまだ会えるかな?とUターンしたら正面から戻ってきた。
しかしブランク長すぎて交戦ボタン押すのにも「どれだっけ?」な状態。

実戦久しぶりだなー。最初どう動いてたっけ?なんて思いつつカスタムスロット開いて、以前模擬に出た時の仕様のままなのに気付き、慌ててポチポチ入れ替える。

漕ぎ錬成したせいか、以前より動きでどうにもならんくらいの差は無くて、一応それなりに駆け引きできる程度のレベルにはなってた。
向こうは直阻止張ってたので、「あぁ、そういえばこの人ラムだっけ」と思い出す。
白兵装備に自信がないので、重装2基搭載されてる相手よりはまだなんとかなるかな?と楽観してたが、それでも白兵は普通に負ける。

バリア張って漕いでるうちは火力も怖くないなーとか楽観してたが、そもそもオレは昔からノーガードのオフェンス特化スタイルなので、なんぼ砲スキル絞られてもキャノンのフルファイア食らうと普通に痛い。
ラム絡められると普通にコンボ死もあるが、そもそもラム対策なんか思い出せないので全部食らった上で殴り勝てばいいと開き直る。

バリア張って平押しされたら詰んでた気もするけど、距離が詰まってるとバリア外れるときもあるっぽいので、至近距離で頭差し込んで狙うか、押し込んで回してケツ狙うか、なんとなく手詰まり感の中で最後は抑え込みつつ斜め気味に差し込んでクリが決まる。

勝つには勝ったが正直、狙い通りとは行かず、おぼつかない足取りでなんとなく狙って偶然にも助けられたというか、半分は運だな。

一戦で耐久400以上削れてたが、そもそも昔から相手の技全部ノーガードで受けたうえでカラータイマー鳴る前に一撃必殺狙いのオフェンス重視は変わらんので毎度のことではある。
プロレスラーはよけたら負けである(´_ゝ`)

毎晩のように戦ってたのは軽く3~4年以上前なので、当時は勝って当たり前的というか、特に勝とうが負けようが何とも思わなかった日常だったが、久しぶりに戦って勝てたのはやはり嬉しいもんだ。
街中にいると色々声かかりそうなので小休止かねて一人酒場で隠れて戦闘経緯を肴に祝杯に浸りつつ、気分良くなってアピコメをいじる。


「喧嘩買います」



軽く数年ブランクある復帰組のくせに、我ながらなかなか傾いたジジイである。

程なくマドラ・モイライと名乗る人から声がかかる。


将官用レアルってのは、少し前まで主力艦だったのかな?オレ乗ったことないけど。

まぁ今のオレは船がどうこう言えるレベル以前の問題なので特に気にしない。

いざ戦闘始まってみたら、とにかく硬い。
いや、アレイル戦の時も自分が思うより火力が出ないなーとは思ってたけど。

弾薬200以上積んでたので、いきなり仕込みで780とか叩き出され焦る。
さすがに積み過ぎたか?とはいえ、オレの場合は昔から手数で押すタイプなので弾薬100程度じゃすぐに弾が切れる。
なのでこのあたりはもう諦めるしかない。

しかしまぁ手数で押そうにも硬すぎて水鉄砲である。
バラ撃ち多様のオレのスタイルじゃもう通用しないのか?と斉射してみるも、全然削れず。
フェイントやターンでクリ一本釣りを狙うが、距離感と速度感覚にズレがありすぎて、単なる挙動不審の船みたいになる。
それでも何度か入るもMAXで1200程度。昔なら決まってた距離とタイミングでも余裕で残る。

横で押せない。クリも一撃じゃ決まらない。混白狙いも司令塔でガードされ、仕方ないので至近距離で0距離クリ狙いしかないけれど、なんせオレは人物装備の防御が紙なので白兵絡めるのも結構しんどい。
最後は狙いすぎて回り過ぎた所に顔面貰って死亡。

ただ、あれもダメ、これも効かないみたいな中で、とりあえず手持ちの手札は全部出してやり切った感はある。
活路を見出すための相撲も、そもそも以前なら相撲は苦手ではないというか、むしろこれが会得できないと砲撃スタイルは勝ち筋が限定されるので、むしろやれてる自覚は当時はあったけど、冷静に思い返してみれば、相撲で勝ったことは多々あれど、負けるパターンも大半これだったりする気はするので、リスク度外視で根拠のない賭けに出てただけな気もする。


2戦とも、終始手詰まり感はありつつも、単純に久しぶりの戦闘なので普通に楽しめた。
頭で思ってた事は全盛期当時の半分もできてない気はするが、オレの場合元々が理詰めで戦術を考えるよりもフィーリングと思い切りと開き直りというか、精神論的な部分で戦ってた気はするので、実は戦い始めれば意外とブランクなんか短期間で戻るのかもしれない。

そもそも理屈で考えたら18門キャノン相手に回避も連弾も無しで横でスタンディング殴り合いしてる奴はタダの狂人である(´_ゝ‘)

  1. 2017/09/12(火) 13:21:11|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CLとやらに出てました

模擬大会なんて数年前にアリタブが開催してたESL以来である。

模擬なんかマトモに連日やってたのは、それこそまだ旧エウロス鯖でSRどころかFS造船すら無い時代の底耐久470くらいの戦列艦でリス模擬出てた時代くらいで、それも「外洋戦にフィードバックできる安価な練習場」として模擬してただけで。
底耐久で14門3基という火力過多なバランスで当たれば死ぬという状態でも回避操船の練習にはなる程度の認識だったな。

その後はたまに大会あると艦隊誘われるとか、身内から助っ人頼まれたり、たまーに気晴らしでオポルトの野良列に並んでみたり程度で、主戦場は外洋ガチンコで生きて来てました。


元の始まりは、よつばのメンバー足りないからキャスとオレがとりあえず呼ばれただけで、外周ぶっぱスタイルで息抜き程度にやってたわけです。

回避?

当たらなけりゃどうという事はない!くらいにテキトーに遊んでました。

勝ち負け気にするような艦隊じゃなかったし気楽なもんです。

ただ、そんな艦隊もメンバーが出たり入ったりで強力なメンバーも入ったりで、気付けばPリーグとやらに入るほどだそうです。

どんな勝負もそうですが、勝ちに行くなら捨てるべきものがあります。
10努力してる相手に勝つなら最低限、11の努力をしなきゃいけません。

なので勝つための努力ができる艦隊メンバーを揃えれば勝てるわけです。

ただ、12の努力をしてる艦隊には負けます。

CLの結果はPリーグで5位だそうです。

2週間ほど毎晩練習をしてて、それはそれで得るものはあったし面白かったが、少なくともオレは模擬ラーではないので模擬に10の努力すらする気がありません。

なので今後はしばらくオポ模擬は出ないでしょう。
長年ライフワークだったタイマンの為なら漕ぎ錬成の苦行でも平気なんだけどな。


よつばの艦隊は面白いんですけどね。たまに瞬間湯沸かし器になるベリーを眺めてるのも含めて。
ただ、あの艦隊はもう次のステージに進むべき艦隊でしょうな。
目的意識を共有できる5人でモチベーションを保ちつつ艦隊連携を磨く段階なんでしょう。



チワワ模擬はね、面白いんですよ。
現在の仕様に限りなく近いし、実戦的で外洋戦や海戦でも生きる技術だし。

ある模擬ラーが「今の模擬は歌舞伎や能と同じ古典芸能だ」と言ってたのを聞いて、まさに言い得て妙だと思いました。
リスボン沖でしか使わない大砲や装備、戦術で成り立ってますが、まぁ休止期間あったオレにはなんとも分からん部分あるけど、
軽く3~4年前から進化を諦め現状を守る事で存続を図ってきたのだろう。

まぁ個人的な私見ですが、模擬が今後数年後を見据えて存続をしたいと思うなら、仮に一時的に人が減ろうが錬成や船の制限は現在の仕様に合わせた方が良いと思いますけどね。少なくとも現状だと新規の軍人はまず増えないだろうし。

まぁ模擬ラーじゃないオレがとやかく言う事ではないので、模擬ラーが決めていくんでしょうけど。


今じゃ外洋実戦の5-5なんて見かけないけど、昔から仕様に振り回されるのが当然だった海賊のオレなんかはそう思うわけです。


…でも、せっかくなんでしばらくは「オレ元Pリーガーなんだぜ」くらいのドヤ顔はしてみようと思います(´_ゝ‘)
  1. 2017/01/31(火) 23:11:22|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リミットは近い

いやね、昨日も言ったが無料期間インして当初は全くタイマン戦闘意欲はなかったわけです。

でもコウと話してて

コウ☆ >>>けっきょくグリグリするのも掴んでからだし
コウ☆ >>>こんはくも司令塔だし
コウ☆ >>>おれが勝つ要素は
コウ☆ >>>まーない

そんなにかーと、思いつつ多分この会話で10%くらい「やってみようかな」になる。

んで昨夜の負けでスイッチが入り、とりあえず今日は一回残ってるナポの強化回数を5回まで強化してみたりしてた。

タイマン船もいくつかあるけど、今となってはどれをどんな用途とコンセプトで作ったかも忘れてた。

でも一隻だけ共有にあったナポは覚えてた。

たしか白兵バカの酔っぱらいいもじゃをジャブでからかって遊ぶためだけに作った趣味船ナポだった。

投錨機雷をつけてるのは、マタラム級の突進屋いもじゃを罠にはめて「バカじゃねーの?」と言いたいという不純な動機で作った船だが、もしかしたら今の時代の船にはコイツが役に立つかも?と思い、とりあえず残り数日だが共有を課金した。
なぁに、タバコ買ったと思えば安いもんさ。

めでたく共有にある大砲や船が出せるようになり、口座凍結マフィアプレイから解放されたので、オレの共有金庫にある金でナポを強化。


現役との装備の差は何を言った所で変わらん。
というか、そもそも思い返せば昔から装備じゃ勝ってた試しがないのに、それなりに勝ってたりしたし、やり方さえ考えりゃそこそこ戦えるはずだ。軽く3~4年はあるオレのブランクが最大の敵ではあるけど、それも昨夜戦ってみて、多少アンテナ感度が鈍いのと直感が鈍ってる以外は指先が覚えてるもんだ。

で…あれこれ勝つための方法を考え始めた。
装甲100超えの敵船を落とすんだから、オレの十八番の古典戦術は使えん。
狙うなら至近クリ以外にないんだろう。
というわけで、白兵は捨てた。
装備は完全に火力特化。
火力だけに特化すれば今の錬成砲撃系にも見劣りはしないだろう。
白兵捕まったら撤退連打しないと混乱白兵急に船員死ぬが、オレの時代遅れ装備で半端に盛ったところで押せない以上は大差ないので、捕まったら諦める。
むしろ一発目の白兵で俺の紙のような防御値を見せとけば、白兵狙いで掴みに来るだろうし、そこに隙は出たりしないかな?なんて期待。

白兵捨てた以上はコウじゃないけど掴んでからの寝技砲撃も使えんので、そっちも期待しない。

色んなものを捨てた代償として砲撃戦にだけは現役と大差ない土俵に立つことはできた。

とりあえず大体の戦略はできた。あと細かい部分の詰めは机上でアレコレ言っても大体戦場じゃ思うようにはならんので戦闘中のアドリブと閃きでカバーだな。
むしろコレが一番不安だがw


ラスパ行ったら早速一人、頼ナントカみたいなのがいて、何も言う前から勝手に漲っててヤル気満々だったように見えたのでポチッと。

かなり長期戦になったのはオレが慎重すぎてたせいだが、最初の遠めのクリが入った時点で「あぁ、そういえば昔もこんなターンしてたっけ」と徐々に思い出してくる。
何度狙っても足がもつれて上手く行かなかったフェイントターンが何度目かのトライで決まって、良い位置に入れたが、正直あの距離で落ちるとは思わなんだ。

「どうせ残るんだろ?」なんて思ってたら以外にも削り切って勝つ。

しかし久しぶりの長期戦でかなり疲れた。、

と思ったら別のベジータという人からすぐテル来て再度誘われる。

…最近じゃ交戦前に逐一相手にテル入れるんだな。昔は無言の出港で双方察したが、昔よりもマトモなコミュニケーション取れる海賊が増えたんだろう。郷に入れば郷に従う。


一戦前の相手とはちょっと毛色が違ったかな。

大砲は煙幕混ぜてみた。
初の試みだが前日のあまりの横撃ちの痛さに辟易して急遽導入した戦術。スパーリングも実験もないまま、いきなり実戦投入した煙幕混成だが、意外と効果はあった。

とにかく船が速いのが難儀したな。
普通は投錨機雷源に誘い込めば大体はこっちの主導権握れる目算だったのに、なんぼ踏もうがすぐ加速する。
途中、かなり良い距離で前クリ入れたけど、まさかあの距離ですら残るとは思わなんだ。
クリ直後に白兵入り敵船の耐久2桁だったんで、壺で押し切ろうと思ったら即座に抜けられる。
あそこでラス1壺が決まらない辺りは俺が昔からもつ宿運だろうな。

最後は旋回戦で負け。

すぐ2戦目を申し込まれるが、早々に白兵捕まりそのまま拿捕負け。
まぁ、白兵は捕まったら死ぬ覚悟の上だったので、掴まれた時点で開き直るしかない。

途中、相手の突撃に防御カウンターいれたら、こっち5人。そして向こう7人とか。
白兵カウンター入れてこれじゃ笑うしかない。



結局昨日は1勝2敗で終える。


負けはしたが、少なくとも戦術としては成功してた気もするので、それだけは収穫だな。

ホントは華麗に勝って「モビルスーツの性能の差が戦力の決定的な差ではない」とでも言わんばかりの捨て台詞吐いてみたかったが、最後のクリは性能差関係ないからな…

ただまぁ、今のオレで勝つならあれしかなかったので、やるだけやったった感はある。
  1. 2016/08/18(木) 02:09:17|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まずは敵と味方の区別からだな

実はインしてない間に仕事中に少し大怪我をしましてね。

サンダー……まぁ平たく言えば金属切断用の電動の回転ノコギリですな。
たまにこんなのも使うのだけど、それを使おうと電源入れたら手から滑り落ちまして、オレの足のふくらはぎを直撃しましてね。
まぁ最初は薄皮切って血でも出たな、くらいのつもりで作業を続行してたんだが、なんか足が生暖かいのでよくよく見たら、靴下まで真っ赤だった。
「意外と血が出るな」と思いつつ、後輩がそれ見て「なんか足真っ赤ですよ」みたいな。

どれどれ?と裾をめくって傷を見てみたら「なんじゃこりゃー!」ですよ。
もうね、オレのふくらはぎが、まるで包丁入れた鶏モモ肉みたいにサックリと切れてパカパカ開いてるわけ。

しかし我ながら丈夫な体と少しズレた感覚を持つと自覚してるオレ、近くにいた後輩との会話がこの後、しばらくの間は職場でネタにされる珍問答に…

オレ「うお!こりゃひどい。おいA(後輩)ちょっとアロンアルファ持ってこい!」

後輩「はい!…って、はい???アロンで何する気ですか!」

オレ「止血に決まってんだろ!」

後輩「決まってないでしょ!ガンプラですか、その足は」

自分でもなんでアロンで止血しようとしたのかは謎である(´_ゝ`)

結局、病院に直行して6針縫いました。完全に今は足がフランケン状態です。
局部麻酔で痛みは感じないけど自分の足が縫われてるのを眺めてるのは少し不思議な感じでした。




久しぶりにインしたらラスパに居ましてね。
多分、前回インした時にケープあたりから獲物を探しながら北上してラスパで落ちたような記憶があるようなないような。

街中で放置してたら全然見覚えの無い人から巨匠とか貰いました。
元気にインしてた頃は良くある光景だったけど、もはや誰もオレのことは覚えちゃ居ないだろうと思ってたくらいに離れてた今でもこんな事があるんだなと。

しばらくアイテムの整理とかしながら記憶も整理してたらグレイブから呼ばれましてね。
洋上見てても知らない海賊ばかりだし「とりあえず外出ようぜ」みたいなノリで2人でウロウロしとりました。

オレ「コヴァとか無いな。大砲どれがあったっけ」

グレ「ついてりゃなんでもいいんじゃね」

オレ「だな。ラムと余りもん大砲テキトーにつけてくか」

とりあえずカスタムスロットの配置を思い出すところからだな。


グレ「F8は修理だからな。」

オレ「それは平気」


一体どういう会話だ(´_ゝ`)


グレ「SSどうやって撮るんだっけ?」

オレ「どうだっけな。ctrlと何か押すとか」


操作方法すら怪しい2人で何戦か。


その後は更ににぃなとか色々増えて最後は5-5になってたんだが、オレ世代だと基本的に外洋は旗の色で敵味方を判別してんので、たまにわからなくなる。

オレ「あれ?グレ旗じゃねーじゃん」

グレ「そうだよ」

オレ「ウチの旗どこ行った?」

にぃな「おい!」

オレ「あ、そっちか」


でも、なんだかんだグダグダになりながら結果としては結構勝ってたな。


20150715.png

旗の色入り混じってるから誰が敵で誰が味方か…というか、コウ以外は視界に入ると一瞬敵に見えてしまうという。

まぁ久しぶりに艦隊戦をやってみたが、戦闘自体が数ヶ月ぶりなもんで普通に新鮮だったな。

オレ「あの船なんだ?」

グレ「サンタカタリナかな」

オレ「さっぱりわからん」

みたいな。


とりあえず思い出したのは、このゲームは女帝を引かないとまともに外洋で戦闘が継続できないという使用だったっけ?くらい。
色々な物が壊れそうである。というか、ドサクサで改良カロ壊れたしな(´_ゝ`)

  1. 2015/07/15(水) 12:03:30|
  2. 対人戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ディアブラス

Author:ディアブラス
国籍:エウロスサーバー イングランド
所属:天狼

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する